スタハマガジン|TOKYO創業ステーション 丸の内 Startup Hub Tokyo

イベントレポートや先輩起業家のインタビュー、コンシェルジュに聞く起業相談でよくある相談事例など、 Startup Hub Tokyoのおすすめ情報が満載のWEBマガジンです。ぜひチェックしてください。

スタハマガジン
スタハマガジン

カテゴリー

顧客ターゲットはどうやって絞り込めばいい??

コンシェルジュ起業相談でよくある質問を、Q&A形式でご紹介します。

Q:顧客ターゲットを明確に、と言われますがどうやって絞り込めば良いですか?

A:まず、ターゲットを明確にする目的を理解しましょう。
非常に簡単に言うと、事業とは「誰のために(ターゲット)、何を(商品・サービス)、どう提供するか(販売・コミュニケーション)」を構築する事。その中で「何を」「どう提供するか」を戦略的に考えるために、“誰のための?”が背骨のような軸となります。
ターゲットが曖昧だと軸がぶれ、結果として売りたい顧客側に伝わりにくかったり、無駄な販売努力が生じたりしてしまいます。

ターゲット設定のポイント

①アイデアを得たところにヒント

どんなシチュエーションで、商品やサービスのアイデアを得ましたか?そこにいた人、その人やご自身が感じた問題意識等を洞察すると、そこにヒントが見つかります。

②「幅広く全般」や「年齢・性別のみの設定」では不十分

ライフスタイルや価値観は実に様々。それを一括りにしてしまうと、商品・サービス設計、施策が散漫になります。よくあるのが「20代女性がターゲット」のように年齢・性別だけを設定しているケース。一言で20代女性といってもそこには様々な価値観や行動パターンが存在します。

③1つの手法「ペルソナ設定

想定ターゲットとして架空の人物(ペルソナ)を、年齢・性別はもちろん、仕事、家族構成、居住地、趣味、生活意識等にまで細分化設定する方法で、様々な意思決定を顧客目線で進めるのに有効な手法の1つです。

ターゲット顧客の絞り込みは、“捨てる”ことではなく“深さ・密度を造る”ことです。

ターゲット設定の疑問があれば、ぜひコンシェルジュ相談で一緒にディスカッションしましょう!

コンシェルジュ 宇津木聡子

 


コンシェルジュ相談では、起業にまつわる様々な課題をご相談者とディスカッションし、客観視点からアドバイスを行います。ぜひご利用ください!

startup-station.jp